カタログギフトの命は掲載商品の多さかしら

カタログギフトの命は掲載商品の多さかしら

近頃、引き出物や香典返しなどはカタログギフトが多い。昔は品物を選んで送っていたのに。でも、頂く方はカタログギフトのほうがありがたい。品物を頂いても、好みのものではないとタンスの肥やしにもならず邪魔者になるからだ。引き出物で大きくて重いものを頂いた時は本当に大変だ。飲んでいるし、昔の仲間と会えたりしたら二次会、三次会と続くと引き出物が邪魔物に変化するからだ。きっと、相手方は心をこめて選んでもらったのだから邪魔物にはしたくない。だから、軽くて種類も豊富なカタログギフトが好まれているのかもしれない。特に、遠方からくる親族や友人にもカタログギフトのほうが楽だろう。今では色々な種類のカタログギフトがある。まずは予算別に分けられている。各社特徴があるようで、無難な品物が多い中でも弔事用と慶事用とは同社でも包装紙から表紙から内容まで替えてある。出産祝いなどは本当にかわいい。なんでもござれだ。でも時々カタログギフトを頂くことがあるが、その中でも欲しいものが無い時が一番困る。できれば無難に食品があればいいのだが、無い時は本当に困る。頂いたのに文句は言えないが、もっとバラエティー豊富なカタログギフトはなかったのかと思ってしまう。カタログギフトの中身にどんなものか確認して、私は注文したいと思った。本当に便利な世の中なのか、物を大切にしたいと思う気持なのか、今後もカタログギフトは増え続けてバラエティ豊富になってほしいと思う。

新着情報

おすすめサイト

関連情報